スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタクブーム?

オタクというものはいろいろあれど、代表的なのはアニメオタクとかソッチ系のアキバ系オタクだよねぇ。
たまにアキバ系のメイド喫茶を取り上げてるバラエティー番組をチラホラ見るようになってるしね。
私自身、メイド喫茶は行ったことが無いけど運営側はオタクの心理をよく知ってるなと感心してしまう。

でも番組見てるとウエイトレスさんは仕事とはいえ、客も含めていたたまれなくなる時があります。
なんかもう・・・うまく表現できないがアイタタタってカンジ。
ご主人様とかお帰りなさいませとか、メイド属性がある人以外はもう近寄れん。
アキバにメイド喫茶が集中している辺り、あの街にはメイド属性のある人種が多いのであろう。
初めにメイド喫茶作った人、メイド属性のオタクの神だね。

コミック系でもオタク系統を題材にした作品が結構人気があるようで。
それだけ世間に認知されてきたってことなのかな?

げんしけんはアニメにもなったし、小説・コミックではNHKにようこそ!なんてのがある。
げんしけんは私もビデオに撮って見てました。
アニメの中で別のアニメが放映されてるのは画期的でした。
くじびきアンバランスってどんな話なんだろう?
DVDBOX1には1話分とこれから出るDVDBOX2には21話分が丸々入っているらしいが、そこまで金出して見たいと思えないです。
というより、貧乏人には出せませぬ(泣)
アコギなやり方しますなぁ・・・

その他は少し昔の自分とかぶる部分も描写されてて時々イタタタと思いつつ、面白かったです。
コミケ会場の描写とか、行ったことある人はわかると思うがよく出来てた。
閉会する時のアナウンスとか拍手とかリアルでした。
笹原の同人誌の買いっぷりが初心者の頃の自分を思い出さずにいられなかった(笑)
もう少しオタクっぷりを見たかったですわ。
一般人とオタク人の共存というテーマを感じた作品でした。

NHKの方はまだ読んでないけれど、あちこちのサイトで書かれてる感想を見る限りだとエロゲー好きなヒキコモリが主人公でげんしけんより暗そうだけどオタクな人なら共感できる点があれば面白そう。
小説のほうがコミックより暗いらしいので、余裕出来たらコミックの方を買って読んでみます。

どこかの漫画喫茶にあったらそっちで読もうかな。
・・・漫画あんまり増えると置き場所が無いから以前のを捨てろと旦那に怒られるのです。
本当は買って時間を気にせず読みたいのよ~(ノ_・。)

今後もオタクを題材にした作品が出てくるのかが気になる所です。
つうか、購買層もオタクしかいなさそうだぞ。
だけど一般人ターゲットにするよりはオタクターゲットにした方が売れるのは間違いないもんなぁ。
それだけ世の中オタクが多いってことですか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リラックマブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。