スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケロロ軍曹・1/29放送分と小学館漫画賞受賞

原作ならラムちゃん夏美の回。
版権の関係かコスチュームも露出も抑え目で「だっちゃ」発言が無くて残念。
元ネタがうる星じゃないので飛べる設定もナシ。
鬼じゃなくて雷様に変身させられてたらしい。
・・・ドリフの雷様の方は平気だったのね。
大豆製品なら吸い寄せるっていう設定も原作に無くて新鮮でした。
納豆は誰でも嫌がるよな(笑)

あとEDがケロロの絵描き歌じゃなくてギロロの絵描き歌でした。
つうことはそのうち他キャラの絵描き歌もアリかな?
書けなくても見てみたい。

それから原作のケロロ軍曹が児童向け部門で小学館漫画賞を受賞したらしいですね。
おめでたいことです。
1ファンとして喜ばしく思います。
だけど児童向け部門なんですね。
ネタといい、オタク向け部門じゃないかと思ったのは私だけ??
スポンサーサイト

チョコエッグ ニッサンコレクション

私と違ってオタク要素が無い旦那。
しかし車にだけは執着してます。
車のフォルムを見ただけでどこのメーカーのなんて車か当てやがる程。
そして特に日産が大好きらしく、前の車も今の車も日産です。
本物の車ソックリのミニチュア玩具には飛びつくのです。
今回もコンビニでこんな商品を見かけて購入。
新発売「チョコエッグ ニッサンコレクション」【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】

チョコエッグ ニッサンコレクション

食玩では有名なフルタのチョコエッグです。
出始めの頃は海洋堂のフィギュアが入っていたおかげでマニアが箱買いしていましたね。
今回はニッサンコレクションなのでチョコエッグの中に車が入っています。

下がチョコの断面図。
20050123030247.jpg
裏側にホワイトチョコが入り2層になっているので甘さもちょうどよく食べやすいよ。
車は初めから出来ているものではなく、車体の上、下、車輪部のパーツがバラで入っています。
特に車輪部パーツはタイヤ4つと軸2つで細かいので無くすとアウト。
カプセルを開ける際には要注意。

中に入っている車は全18種類。
そのうち1種類はシークレットだそうです。
ちなみに買ったチョコエッグの中に入ってた説明書きから車種と色を抜粋。
ブルーバード 3種【1000/黒、1600SSS/赤、TURBO SSS-S/赤】
フェアレディ 2種【2000 SR311/赤、350Z/シルバー(色違いアリ)】
フェアレディZ 3種【Z32/赤、PS30Z 432R/白(色違いアリ)、300ZX/シルバー】
スカイラインGT-R 3種【2000 HARDTOP/シルバー、R32/黒、R34/青】
マーチ 2種【AK11/シルバー、ノーマル/黄(色違いアリ)】
シルビア 1600クーペ/白
チェリー X-1-R/白
エルグランド E50/シルバー
180SX RPS13前期型/黒
シークレット
車知ってないと何がなんだかわかんないッス(汗)
3つ買ってマーチAK-11がダブり、旦那ガックリ(笑)
もうひとつはブルーバード TURBO SSS-Sが出ました。
こっちは前の部分も別パーツが入ってました。
どうやら車種によって若干パーツ構成が違うらしい。
シークレットがどんな車なのか気になる所です。

車好きの人はもう集めてるのかな?

アルティメットガールと変身3部作

ローカル局中心のUG☆アルティメットガールと過去の変身3部作の放送が始まったm・o・e系のアニメを見てみた。
以前はテレビチャンネルの設定で見れることを知らなくて、ネットでの再放送だけ見てました。
後からウチの住んでる所でチャンネル設定さえすれば見れることがわかって今は難なく見れて嬉しいです、ローカル局。

このブランドは深夜のせいもありそうだが、やや露出が激しい傾向が感じられる。
そしてキャラはロリ寄り。
ツボにハマる人はハマるだろうなぁ。

アルティメットはウルトラマンのパロディっぽいカンジ。
初回では巨大化してUFOマンの代わりに怪獣と戦う羽目になった主人公の服が時間が無くなり徐々に服が消えていくという設定でかなり笑えました。
よく考え付くもんだ。
続きが気になる・・・

過去の変身3部作は3作の中から選りすぐりで再放送するらしい。
どちらの作品も一部ネット上で無料公開もしているので、テレビで見れない地区で気になった方は一度ご覧あれ。
深夜とはいえ下着姿続出でサービス多すぎ(笑)

まほらば

まほらばの初回放送を見た。
事前知識無しで見た限りだと、管理人さんのいるアパートに下宿するって辺りがめぞん一刻と設定が被ってるように感じる。
めぞんよりは登場キャラの設定や見た目が若い(というよりロリキャラ)。
これも原作はコミックなんですな。
原作の公式サイトはこちら

管理人さんの梢ちゃんが多重人格でおとなしくておしとやかな面と攻撃的な面があるみたい。
二重以上の多重人格ってのもインパクトのあるキャラを作る上で結構あるパターンかな。
ケロロ軍曹の桃華ちゃんを彷彿としてしまった。

主人公は絵本作家を夢見て上京した専門学校生の白鳥君。
その設定を生かすように時々絵本の挿絵みたいなカットが入ります。
そういう面も含めて絵柄的にもほのぼのしてそう。
癒し系アニメになるかも。
犬のハンドパペットを使って話す主人公以外の唯一の男性、灰原さんが気になります。

これもビデオに撮る程じゃないが見れたら見ていきたいかな。

ケロロ軍曹・1/8放送分

1/8のケロロ軍曹アニメでは正月1回目の放送だからか、年始の挨拶付きでした。
アニメにしては画期的だったなぁ。
原作コミックだとモアちゃんが酒飲んで悪酔いして隊員にからむ所が、アニメでは名水飲んでて、その代用に隊長が作った化学反応雑煮が酒のかわりになってたみたい。

それとギロロがいじられキャラになってたり、タママはまだ軍曹さんを諦めていなかったりと各キャラの個性がよく出てた。
つうか、タママ、アンタ、ホモ??
実は♀だっつうオチは無さそうだしなぁ・・・
モアちゃんも夢がおじさまと結婚って。
異性人、しかもカエルと結婚っていいんかい?
・・・それ言ったらギロロが夏美を好きなのも否定することになるしなぁ。
まあ、漫画の世界だし、何あってもいいってことだぁね。

それからエンディングの歌が絵描き歌に変更されてました。
ノリは前のアフロ軍曹のが好きだなぁ。
絵描き歌が出てくる辺り、藤子不二夫アニメっぽいな。
第二のドラえもんになるか?と思って絵描き歌を見ていたけど・・・それは無さそう。
だってあの絵描き歌、ドラえもん絵描き歌と違ってあの通りに描こうとしても素人は描けません。
歌聴いただけじゃ描けないような歌詞だもの。
描ける人いたら尊敬します。

それでも相変わらず面白いね。
原作の頃から好きだったのでアニメ化されて、しかも次クールまで続いてくれる辺りはファンとしては嬉しい限り。
ずっと息の長いアニメになって欲しいッス。

魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま!を見た。
アニメの公式サイトはこちら
これも原作がコミックですな。
1/20にPS2のゲームも発売されるらしい。
キャラが好きなファンはゲームも買いなのかな??

原作書いてる赤松健さんのサイトには日記以外に作品の感想を直接書ける掲示板なんぞもあります。
本人公式の場でこういう掲示板が運営できるってすごいよ。
普通なら荒れるの防止の為、設置しないか、設置しても会員制にしちゃうよね。
それに日記も結構こまめに書かれてる方だと思うし、サイトも仕事もこなしてて素晴らしいッス。

赤松さんといえば、以前はラブひなを描いてた方です。
ラブひなもアニメ共々かなりヒットしたよね。
そのせいか、今回も登場キャラがかなり多いです。
特に女性キャラ。
人気出そうな個性のそれぞれ違う女性キャラをたくさん出すパターンもここ最近のヒット要因なのかな。
今回もきっと人気出る予感。

初回の放送を見た時に明日菜の目の色が左右違うのが気になりました。
これは今後の伏線に何か関係あるのかな?
それとパンツネタが多かったので私の中ではすっかり明日菜=パンツの人、というイメージに(笑)
原作読んだことないもんで、また事前知識無いです(汗)
原作はしばらく巻が続きそうなので、またしても漫画喫茶でまとめ読みしたいなぁ。

ネギ君は先生なのに10歳で大卒で魔法使いって設定。
ショタコンに人気あるのかな?
タイプ的にちょっかい出して反応楽しみたいキャラ。

今回は魔法からんでてファンタジー風味も感じるのでゲームチック。
ラブひなの時はチェックできてなかったけど、ネギまはビデオ撮って毎回チェックしていきたいッス。
それにしてもラブひなといい、ネギまといい、メインタイトル前半がカタカナなのは偶然??

オタクブーム?

オタクというものはいろいろあれど、代表的なのはアニメオタクとかソッチ系のアキバ系オタクだよねぇ。
たまにアキバ系のメイド喫茶を取り上げてるバラエティー番組をチラホラ見るようになってるしね。
私自身、メイド喫茶は行ったことが無いけど運営側はオタクの心理をよく知ってるなと感心してしまう。

でも番組見てるとウエイトレスさんは仕事とはいえ、客も含めていたたまれなくなる時があります。
なんかもう・・・うまく表現できないがアイタタタってカンジ。
ご主人様とかお帰りなさいませとか、メイド属性がある人以外はもう近寄れん。
アキバにメイド喫茶が集中している辺り、あの街にはメイド属性のある人種が多いのであろう。
初めにメイド喫茶作った人、メイド属性のオタクの神だね。

コミック系でもオタク系統を題材にした作品が結構人気があるようで。
それだけ世間に認知されてきたってことなのかな?

げんしけんはアニメにもなったし、小説・コミックではNHKにようこそ!なんてのがある。
げんしけんは私もビデオに撮って見てました。
アニメの中で別のアニメが放映されてるのは画期的でした。
くじびきアンバランスってどんな話なんだろう?
DVDBOX1には1話分とこれから出るDVDBOX2には21話分が丸々入っているらしいが、そこまで金出して見たいと思えないです。
というより、貧乏人には出せませぬ(泣)
アコギなやり方しますなぁ・・・

その他は少し昔の自分とかぶる部分も描写されてて時々イタタタと思いつつ、面白かったです。
コミケ会場の描写とか、行ったことある人はわかると思うがよく出来てた。
閉会する時のアナウンスとか拍手とかリアルでした。
笹原の同人誌の買いっぷりが初心者の頃の自分を思い出さずにいられなかった(笑)
もう少しオタクっぷりを見たかったですわ。
一般人とオタク人の共存というテーマを感じた作品でした。

NHKの方はまだ読んでないけれど、あちこちのサイトで書かれてる感想を見る限りだとエロゲー好きなヒキコモリが主人公でげんしけんより暗そうだけどオタクな人なら共感できる点があれば面白そう。
小説のほうがコミックより暗いらしいので、余裕出来たらコミックの方を買って読んでみます。

どこかの漫画喫茶にあったらそっちで読もうかな。
・・・漫画あんまり増えると置き場所が無いから以前のを捨てろと旦那に怒られるのです。
本当は買って時間を気にせず読みたいのよ~(ノ_・。)

今後もオタクを題材にした作品が出てくるのかが気になる所です。
つうか、購買層もオタクしかいなさそうだぞ。
だけど一般人ターゲットにするよりはオタクターゲットにした方が売れるのは間違いないもんなぁ。
それだけ世の中オタクが多いってことですか?

グレネーダー

偶然放送されてるのを見て気になったのでそのまま見てしまったグレネーダー
内容は女ガンマンが銃をぶっ放して悪人をやっつける爽快劇。
主人公の琉朱菜(るしゅな)さんがイイキャラしてます。
普段はにこやかボケキャラなのに戦闘時にスゴ腕ガンマンになるギャップが好きかもしんない。
乳の谷間から換え弾を出す所がすごすぎ(笑)

角川のサイトではコミック版の一部が立ち読み可能だったので見てみたら、コミック版はアニメ版より露出度が高いのにアクション重視の描写の為かセクシー度が低く感じます。
アニメ版は乳が気になる程度だけど声と動きもついて絵も若干コミック版とはイイ意味で違うのでそれはそれでいいカンジ。
私はアニメ版の方が好きかな。

ガンマンアクションという面ではトライガンに近いモノを感じる。
例えるなら渋さが無くなったトライガンって所かな。
風呂の描写が多く、巨乳キャラなのは深夜ならではのサービスなのですか??

これもビデオに撮る程は気にならないものの、見れそうな時はチェックしていきたいッス。

魔法少女路線?

ローカル局で始まったまじかるカナンをチラ見してみた。
コレ、確か元はPCのアドベンチャーゲームだったような気が。
んで、ゲームのとアニメは絵が違う。
原画の人が違うようだ。
ゲームの原画の横田守さんの方がどっちかってーと好きッス。

内容は結構王道な魔法少女モノってカンジがする。
1クール前はリリカルなのはもやってたし。
なんだかんだいって魔法少女系というジャンルはそこそこ人気が取れるシロモノなのでしょうか?

昔は子供向けで夕方の放送が主流だったのに、昨今は放送時間帯が深夜だし、ローカル局のみの放送な点から察するにターゲットはやっぱりオタクなのかなぁ。
子供も楽しめる魔法少女モノはもう二度と見れないのかなと正直考えてしまった私なのでした。
民放局だと唯一ふたりはプリキュアが魔法の力で変身モノで玩具商品展開もあり、日曜の朝放送で子供も楽しんでるみたいだけど、あれは戦闘シーンが魔法というより格闘寄りで王道の魔法少女とはなんか違うし。
まあ、子供向けに玩具商品展開しないのならオタクターゲットにした方がDVDも売れて制作サイドとしては潤うから仕方が無いんだろうねぇ。

ビデオ撮ってまで見たいと思わなかったので、見れる時はチェックして行こうかなと思っとります。

陽だまりのピニュ

陽だまりのピニュ (1)
陽だまりのピニュ 1巻

私が昔から大好きなこがわ みさきさんの新作コミックスです。
発売されてたのをネットで検索時に偶然知りました。
近所の本屋に売ってたのを発見してゲット。
内容を要約するなら異国の姫が母から聞いてあこがれるようになった日本に来て繰り広げるほのぼの学園生活物語って所かな。
ピニュがめっちゃカワイイです。
他のキャラも個性があってみんな良い人達ばかりです。

こがわさんの漫画は独特の世界観があって他の作家さんには無いほんわかした空気が漂っていて昔からホントに心底好きなんです。
作家買いするうちのひとりです。

ちなみにコミケでは昔、「オヨグネコ」というサークル名でゲームのマザー系やファイヤーエンブレム系の本やオリジナル本を売っていました。
壁サークルでは無かったけれど早く行かないと売り切れるサークルさんだったのを覚えています。

オリジナルはもちろんだけどマザー系の本も結構好きだったなぁ。
最近も参加なさってるのかしら?
商業誌が忙しいとオリジナル系の方は参加しなくなる傾向ってあるからなぁ。

珍しく少女漫画の部類で今でも好きな作家さんかも。
リラックマブログパーツ
カレンダー
12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。